寒い。

現在色々ちょこちょこ観てますが、『血界戦線』の1期2期もぶっ通しで観たのに書くの忘れてた。



ちょっとネタバレ&同人語りするのでイヤンな方はお逃げ下さい。






アニメの『血界戦線』は前評判がどーのこーのの噂をちょいちょい目にしてましたが、原作がそもそも内藤泰弘さんなので『トライガン』のことを考えると何が起きても今更感がある気がする。
内藤さん作品の男同士の友情は、ある意味逸脱し過ぎててそこまで行ったらお前それ只の家族やん…………感が結構来るので読んでて微笑ましい。
『血界戦線』でも相変わらずこの組み合わせ好きなのね、ってなった(クラウスとスティーブン)


初見からそこそこ経ってるので、今見直したら新たな発見があるかもしらん。
そんな気持ちで再確認。







1期の後半が超絶釘宮理恵さんフィーバーでこれでもかッッ!!!!と言うほど2種類の釘宮さん演技を堪能出来る。
むしろラストスパートは釘宮無双。







こう言う言い方したらまた怒られそうだけども(笑)
でも確かこの知見はもうされてるんじゃなかったか??
いやしかし見直したらマジで釘宮無双でしたわ。
初見の時は普通に楽しんでた部分があるので特にそうは思わなかったんだけども。


『血界戦線』の雰囲気が、秋田禎信さんの『魔術士オーフェン』の無謀編と雰囲気似てるよなぁと思ってたら、『血界戦線』のノベライズを秋田さんが担当なさってて書店で「マジかよ!!」と指差して笑ったのは懐かしい記憶(笑)





2期はそう考えると普通に原作通りで型破り感は然程なく。
安定の流れだったので無軌道さとインパクトで言うと1期は色々と凄かったんだなぁ。
そういや釘宮さん登用によって、制作者側の趣味が爆発してるんだと耳にしましたが(『銀魂』の新八が=レオで、神楽=ホワイトの声優さんであるため、制作者の新神好きが詮索がされたらしい)

そしたらザップ(CV:中井和哉)が渡り歩いてる女の1人の声が山口由里子さんだったから、必然的にゾロロビも示唆されてると勘繰るのが妥当じゃねーか?
ゾロロビ、普通に好きだからバッチコーイ!!と歓喜の雄叫びしか上がらんけども(笑)
ノーマルと腐CPはそれぞれ好きだから、なんだよある意味2度美味しいのかよ!!としか受け取れない幸せお花畑脳ミソです。ハイ。スミマセン。

まぁ、ノーマルは自分の理想が高過ぎるので原作の関係性と公式アニメの補足だけで勝手に充足して自分で書くことも人様の作品を拝むこともあまり無いけども。
イラストは成分的な物が枯渇したときに拝みに行ってます。めっちゃ癒されてる。お世話になってます!!(笑)



そんなことをチマチマ考えながら眺めてましたが、『血界戦線』やっぱり愉しいなぁ〜〜〜♪
好きなエピソードがアニメ化されなかったので3期が来たらしてもらえるかも!と考えてる今日この頃。
3期来い、3期!!!!


01/11 17:28

この記事を 編集・削除

[新着、検索に表示しない] [漫画・アニメ]

コメント(0件)

まだありません

※コメント書き込みは制限されています

トラックバック(0件)

まだありません


Sponsor

Menu

Category

Search

WriterProfile

prof

兇羅

rss
rss2

QRコード